FC2ブログ
おとなの小論文教室。
アマゾンで昨年度の年間検索キーワードランキングTOP20が発表されました。トップ3を3位から順にご紹介すると、第3位「村上春樹」。先日のエルサレム賞授賞式での英語のスピーチが話題になっていますね。第2位「東野圭吾」。昨年は作品が次々と映画化やドラマ化されました。そして、この日本を代表する作家二人を抑えて堂々の第1位は、にゃんと「toeic」でした!やっぱりこの私の貢献度が大きかったのでしょうね。頑張ったもんなあ(妄想&大嘘)。

とはいえ、アマゾンで一年を通じて最も検索されたキーワードが「TOEIC」とはびっくりです。それだけTOEIC本に対しての需要があるのでしょう。私の「国際花子の憂鬱」と「勝つためのTOEICメンタルトレーニング」の出版が近づいてきた予感がします(笑) 

さて、今日は、山田ズーニーさんの「おとなの小論文教室。」(河出文庫)のご紹介です。ハードカバーが文庫化されたので早速読んでみたところ、「自分はなぜブログを書くのか」ということについて深く考えさせられる良書でした。ですので、特にブロガーの皆さんには読んで頂きたい一冊です。

著者は、元々はベネッセで高校生のために小論文教材や雑誌を作られていた方で、退職と同時に「ほぼ日」の船長こと糸井重里さんとの奇跡的な出会いがあって、2000年から週一回、「おとなの小論文教室。」というコラムを連載されています。この文庫本は、2005年までの約5年間の連載のうちから26本を選択し、加筆修正されたものです。以下、特に印象に残った部分をご紹介します。

「何を書くかより、どんな気持ちで書くか、つまり、動機が大切」とコラムで何度も書いてきた山田さんですが、コラムを書きはじめて1年たったころ、褒められたいとか、認められたいとか、仕事を得たいとか、不純な動機がでてくるようになり、自分自身との葛藤で書けなくなってしまいます。そんな山田さんが悩んだ末につかんだこととは。

褒められたい、という気持ちがわいたら、それも自分と受け入れる、仕事を得たいと思ったら、それも、素直な気持ちと認める。そうやって、清濁あわさったものの中から、もっと太くて、あったかい、自分の動機を立ち上げていけばいいのだ。そういうふうにしていったら、逆に、まわりを気にせず書けるようになっていた。発見したとき、興奮して、ある編集者さんに話したら、しごく当然ですよ、という顔をして、「学ぶ意欲の心理学」(市川伸一著)という本を見せてくれた。そこには子どもが勉強に向かう6つの動機が書かれていた。

学習自体が楽しい
他者につられて
知力をきたえるため
プライドや競争心から
仕事や生活に生かす
報酬(おこづかいなど)を得る手段として

そして、そのあとに、「いろいろな動機に支えられている学習者というのは、なかなかくじけない学習者だと思うんです」とあった。あんな燃料はだめ、これはだめ、と燃料から不純物を排除して、小さく小さくし、やがて発電もできなくなるよりは、どんな燃料でも、つかんで、燃やして、前に前に進んだほうがずっといい。

あなたは、いま、どんな燃料で進んでいますか?


これってきっと、ブログを書くこともそうですが、英語学習にも言えることですよね。TOEICや英検が燃料になるのであれば、それを排除して止まってしまうよりは、前へ進んだほうがいいに決まっています。まずはどんな燃料であれ、前に進みたいですよね。

表現力のある人とない人の差は、単にアウトプットの場数の差だ。表現する機会がなく、継続的な営みもなく、いきなりできる人がいるなら教えてほしい。そんな人はいはしない。だから、自分の想いを言葉で表現できるようにするには、とにも、かくにも、アウトプットだ。自分の想いを言葉にする。人に話す。文章に書く。発信する。汗をかく。恥をかく。表現力は、いまをつかむためにある。いま、自分になる、ことだ。

ブログで言葉を発信することも「自分になる」ための一つの方法なのだと思います。英語学習でも、アウトプットの場数がないと、いきなりうまく話せたり書けたりはしませんよね。ヒトリゴトでもいいからアウトプットの練習を続けなければ。

冒頭にも書きましたが、山田さんは、長年勤めたベネッセを辞める際、次の就職先のあてはなかったそうです。ところが、山田さんが辞めることを知った後輩が、自分のHPの日記にそのことをUPして、それをネットサーフィンしていた糸井さんが見つけ、辞めることが最終的に決まったその日、上司との面談を終えて席に戻った山田さんのところに糸井さんからのメールが後輩から転送されていたのだそうです。ドラマチックですよね。

インターネットの中では、人の「想い」みたいなものが、リレーされ、たえず激しく駆けめぐっている。一度は、閉ざされたと思った私の「想い」は、私の知らないところで、後輩に大切に受け取られ、ネットの中をリレーされて、再び私の元へ返ってきた。

現実の世界でも、もちろんそういうことは起こるが、ネットはとにかくそのスピードが速く、めぐる範囲が予想もつかないほど広い。たとえ匿名でも、ネットの中に唾を吐けば、予想外の広範囲を乱反射して、速いスピードでその人のもとへ返ってくるんじゃないだろうか。それを考えると、どんな小さなネガティブも、ネットには流す気がしない。

きのう、遠くにいる人の想ったことが、今日は、自分の現実を動かしている。


最後の一行には感慨深いものがありました。考えてみたらそうですよね。他のブロガーの方の記事に触発されたり、自分の記事が他人が何かをするきっかけになったり。そう考えるとブログを書くときの背筋がちょっと伸びるかもしれませんね(と猫背で書く男)。

参考になる部分がありましたら、下にあるバナーなど押して頂けると嬉しいです。

banner2.gif  
Z会無料模試受検記
Morite2さん、土佐犬さん、渥美クライマックスさん、QPさんなどのブログでも受験記が紹介されていますが、「Z会無料模試」を先週の木曜日に受けてみました。ご存知で無い方のために簡単に説明しますと、この模試は、オンラインで在宅で無料で受けることができて、自分の答えを画面上でマークシートをクリックで塗りつぶして送信すると、すぐに予想スコアとリスニングのスクリプトを受け取ることができるという優れもののサービスです。

無料だからって怪しいことはありませんよ。念のため。この無料模試は、これまでは、大体公開後4-5ヶ月程度経ってから、「レベル判定模試」シリーズとして発売されてきました。その際に、我々の受験したデータが反映され、「約1000名の受験者による問題別の正答率掲載」といった宣伝用として使用されます。たくさんの受験者に受けてもらえばそれだけ商品の価値が上がりますし、Z会としてもメリットがあるわけです。

私はTOEICの勉強をし始めた去年初めて受験し、市販の模試には本番と比較して難しすぎるものが多い中、奇問・難問の類がなく非常に解きやすかったので、早速書店でシリーズ1-3までを買い求めて解きました。公式問題集以外のTOEIC対策模試としては、BOXシリーズが良いと私は思いますが、このシリーズも本番に近いレベルだと思います。本番よりはひねった引っ掛け問題が少ない印象で、解いていてもストレスにならないので、特に初心者にはお勧めです。

ということで、早速今回の第5回を解いてみたのですが、前回までと比較してかなり難しくなっています。特にLは明らかに本番より難しいですね。問題製作者の方が変わられたのかは知る由もありませんが、個人的にはこれまでの4回の方が質が高かったように感じました。まあもちろん、無料で受けられるだけで十分ありがたいサービスなわけですが、本番より予想スコアが低く出ると思います。なので、受けた方は予想スコアが悪くてもそれほど落ち込む必要はありません。

以下受検記です。

まず、最初に注意点ですが、解答の入力画面は60分で自動的にログアウトされます。なので、問題をダウンロードしたら、一旦解答入力画面からはログアウトし、紙のマークシートに答えを鉛筆で書いて、200問解き終わってから再度ログインし、一気に答えを画面上の解答用紙に転記しなければいけません。そうでないと、画面上で200問解いて送信しようとしたらエラーが出て解きなおす羽目になった昨年の私のような悲劇が起きます。あの時はPCの前で、「なんでやねん」とぼやきつつ呆然としてしまいました。

今回は、パート1を解いた段階で、明らかに本番より難しいことが分かったので、そこから先は、分からない問題は「えらい難しいなあ」などとつぶやきつつ、再度聴きなおして解くことにしました(明らかな反則)。もちろんこれは悪い見本です。皆さんは1回で聴いて答えてください。そうでないと練習になりません。スクリプトは入手できますし、後で聴きなおすこともできますから、本番同様1度聴いて答えるようにしましょう。私の場合はスコアよりも自分の英語のトレーニングの意味合いが強く、分からない部分はその場で確認したかったんです(と言い訳)。

「二度聴き」という反則技を使った結果、私のスコアは99/100(それでも間違えた)でしたが、聴きなおした問題が4-5問ありました。中には3回聴いてようやく分かった問題もありましたし、かなり難しかった印象です。

続いてRは普通に解きました。こちらはLほど本番より難しくは感じませんでしたが、結果は予想に反して95/100でした。パート7で3問、パート5で2問落としたようです。

「あちゃーえらく間違えたなあ」と思いつつ、どこを間違えたのかを確認してみると、3問間違えたパート7はうち2問が転記ミスでした(笑) 自宅のプリンターが故障中でマークシートを出力できず、エクセルに打ち込んだ答えをマークシートに転記したのですが、その際に写し間違えたようです。

次いで、パート5で間違えた2問をチェックしたのですが、どう考えても自分の答えが合っているようにしか思えません。念のためにググってみても、やはりおかしいんです。なので、Z会にメールで問い合わせたところ、解答に誤りがあったとのご返事がありました。返事を頂いたのが土曜日なので、いつの時点で修正されたのかは不明ですが、私より先に受検された渥美クライマックスさんやQPさんは、もう一度アクセスしてみると、予想スコアが少し上がっているかもしれません。私も95→97にスコアが上がりました。

最後に、今回ちょっと残念だったのが、本番のTOEICのように、問題のリユースが見られたことです。パート4の2つの設問、パート7のSPの2つの設問がほぼ丸々前回の第四回と同じでした。さすがに販売される際にこのままということはないと思いますが、解く側はぜいたくなので、毎回新しい問題を期待してしまいます。6回目以降には是非この辺りをご一考頂けたら嬉しいなあと思います。え、そんなら直接Z会に言えって? あんまり文句ばっかり言って次回以降受けられなくなると困るので、どうかご容赦を。

参考になる部分がありましたら、下にあるバナーなど押して頂けると嬉しいです。

banner2.gif  
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.