FC2ブログ
指導者セミナー(二日目後編)
さて、参加者全員の前で模擬授業を行う二人として、私ともう一人選ばれたのは、高校か専門学校で英語を教えていらっしゃると思われるTさんでした。一緒のグループになっていないせいもあって、どのような方か詳しくは分かりません。しかしなんと、Tさんもパート1ご担当とのこと。これではもろ実力差が露呈してしまうではあーりませんか(チャーリー浜風に)。などとここではふざけていますが、会場では顔面蒼白(笑)

で、Tさんは、500点を目指す生徒さんを想定した授業を展開されたのですが、これがもう、「すんばらしい」の一言なんです。非常に聴き取りやすく美しい発音で、「まずは教室の中のものを描写してみましょう」から始め、「では私が今から取る行動を描写してみましょう」と言って、歩く動作や教壇に寄りかかる動作、更には参加者のコートを借りて羽織って見せるというテクニックも織り交ぜつつ、教室内をきびきびと歩いて次々に生徒を指名して答えさせるという、流れるような授業でした。それを見ていた私(次に授業する予定の中年サラリーマン)の頭の中は一言、

Is this some kind of punishment?
(邦訳「この次に授業しなさいって、それって何の罰ゲームなんですか?」)

とはいえ、これもいい経験です。英語講師の皆さんを相手に授業する機会なんてめったにあるものではありません。「旅の恥はかき捨てや(同じ場所で旅は続くわけですが)」と驚異のポジティブシンキングで、開き直って10分マニアックかつヨレヨレの模擬授業を行いました。中年男の厚かましさに乾杯(笑)。

ちなみに、模擬授業に際し、私が気をつけたのは、普段のビジネスプレゼンと同じく以下のことです。

①プレゼンのタイムフレームをまず示す
10分のうち5分でパート1についての全体的な説明。残りで具体的な問題解説。

②結論を最初に示す
パート1は実は難しくて大事。9問以上正解したいなら気を緩めてはいけない。しっかり正解して波に乗ろう。

③具体例で結論を理由付け
自分が1月のTOEICで間違った唯一の問題はパート1(侮れない)。

④具体的な解説
ここでもまずは全体像から説明。
パート1の写真描写問題は大きく分けて三種類:人、物(乗り物・建物)、風景。
そのうち、一番多く出題されるのは人で約8割。
人の写真問題も3種類に分けられる:一人、二人、三人以上。

⑤以下
具体的な問題を選んで解説し、最後に②の結論を繰り返す。

ちなみに、ビジネスプレゼンで一番大事なのはリハーサルです。なので、土曜日の晩と日曜日の朝は、「えー。まず、パート1、難しいです。パート1はTOEICのオアシスだ、なんていう人がいますが、860点以上の高得点を狙う方にとってはリラックスしている場合ではないのであります・・・」と、予行演習を2-30回部屋で一人で行いました。聞き手に流れが分かりやすいか、10分で終わるかなどをチェックするためです。私は教えることについては素人なので、最低でもそれぐらいやらないと他の参加者に失礼ですよね。これは重要なプレゼンに臨む前と同じです。

こうした独身の強みを生かした時間をかけた準備が功を奏し、もしかすると比較的好意的な印象を参加者の皆さんに与えることができたのかもしれません。まあ冒頭で「私は去年今年とTOEIC6回受けて5回満点でした」などと生徒に嫌われそうなことを言い放ってしまったわけですが、参加者の方々は皆大人で、このオッサンの傲慢さや至らなさも温かく受け入れて頂けたのでありました。皆さんの懐の深さに感謝ですね。

この模擬授業のあとは、パート7・3についての講義があり、最後に、TOEICの問題の作り方、「アイテムライティング」というものの基礎を学びました。TOEICマニアの私でも全く知らなかった情報満載で、すごく得るものが大きかったですね。三日目に向けては、チーム内でパート別の担当を決めてTOEICの問題を自分で作って今週中に提出する、という課題が出ました。昨夜はそれに延々と夜中まで取り組んでいたのですが、その奮闘記については明日以降でご紹介します。

気がつけばTOEIC S/W TESTまで後3週間、TOEIC公開テストまで後4週間です。限られた時間を有効活用して、なんとかベストを尽くしたいですね。あ、そういえば「Z会無料模試」受けたんでした。ちょっとしたハプニング(?)があったので、そっちも明日以降時間を見て感想と共にUPします。

今日はこれから本職の企画用資料として、ハードカバー2冊(もちろん日本語)を読まなければいけません。まあ、その合間に英語の音読でもするとしましょう。

↓どうか平凡なサラリーマンに愛と応援のクリックを~
banner2.gif  
指導者セミナー(二日目前編)
あわわ。「TOEICテスト スコアアップ指導者養成講座」二日目の模様をお伝えするのがすっかり遅くなってしまいました。けっしてさぼっていたわけではありません(汗) 二日目の最後に出された宿題をやっていたら、終わったのが深夜1時過ぎで、さすがに今日仕事なのでそのまま寝ました。

さて、研修二日目もあっという間の7時間でした。「7時間」って聞くと、「長っ!」って思いますよね。でも本当に先生方と参加者の方々の熱意がすごくて、時間が経つのが早いんです。非常に中身の濃い7時間でした。

この日のメインイベントは、前日の宿題だった模擬レッスンです。三十数名の参加者が、4人ずつのグループに別れ、一人一人が自分の担当しているパートを、他の3人の参加者を自分の生徒に見立てて10分間レッスンを行い、その後に、グループメンバーや先生方からフィードバックを頂く、という形式です。

私はパート1担当だったので、「よっしゃ。最初やな。いったるで(どこに)」と思っていたら、「パート2→5→6→1」の順番で最後でした。「直前の技術」に沿った講義なのですから当たり前ですよね。ちなみに、私のグループは、米国の大学出身の英語専門学校講師Sさん、名門国立大学を卒業されて高専で英語を教えていらっしゃるFさん、小中高と海外で過ごされ英語を教えている帰国子女のIさんと、リーマンの私(笑)

いざ模擬授業が始まると、3名の方はやっぱり教え慣れていて、英語もうまい(そりゃ当たり前田のクラッカー)し、私とは、戦闘力的にはガンダムとザク、ゾーマとスライムぐらいの差はあります。こうなったら「ジェットストリームアタック」か「たたかわずににげる」しかない。あ、英語と全然関係ない内容、失礼致しました。

とはいえ、当然逃げることはできません。相手の戦闘力が上の場合、逃げようとしても、「TEXはまわりこまれてしまった」って表示が出てやられてしまいます(しつこくドラクエネタ)。なので、「今日は、皆さんのようなTOEIC上級者に対して、パート1がいかに大切なパートかについてのワンポイントレッスンを行います」と切り出し、「パート1の写真描写問題には3種類あって、人物写真が約8割出ます。過去3回では30問中25問出ました」などというマニアックネタを混ぜつつ、199/200のアビメを小道具で使ったりして何とか10分終えました。

やってみて思ったのは、実際に教えるとなると、勝手が随分違うなということです。前の日の晩と当日の朝に家で何度も練習して、その時は大体10分だったのですが、本番になると早口になったり、緊張で忘れてしまう部分もあるので、2分ぐらい時間が余ってしまいました。仕方が無いので、「写真の端っこに映っている虫眼鏡で拡大しないと見えないような人についての設問は出ません」といった更にマニアックなネタや、「この写真の右端の人はヒルキ先生に似ている」などといった小ネタで場つなぎ(笑) これはもはやTOEIC対策と言えるのか。

で、全員のプレゼンが終了し、各グループの中で、「誰のプレゼンがよかったか」という無記名投票を行い、最終的にはお二人の先生の選出で、三十数名の参加者の中から2名がプレゼンすることになったのですが・・・ そうなんです。この書き方の流れからお気づきの通り、私、それに選ばれてしまったんです。マジかいな(ガネーシャ風に)。

順番が最後でしたから、他の皆さんのプレゼンを参考にすることができましたし、比較的教えやすいパート1だったし、マニアックな小ネタで笑いを取ったのがよかったのでしょうか。やっぱヒルキ先生への事前の貢物が効いたのかな(嘘です)。他の参加者の方は、主に500点以下の生徒さんを対象にした模擬授業だったので、どうしても参加者は生徒役になりきれなかったと思うんですよね。その点、私はもう都合よく生徒を上級者にしたので、当然プレゼンには有利だったわけであります。470点を目指している生徒さん対象の授業をしていたらきっとブーイングの嵐だったでしょう。

しかし、「なんでワシなんや」などと思っている間にも、いよいよ、「金鳥の夏」ではなく「緊張の瞬間」が容赦なくやってきたのでありました。

この項続く。読者に嫌がられても続く。

↓参考になる部分はまずありませんが、クリック頂けると励みになります。
banner2.gif  
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.