FC2ブログ
私の英語履歴書(飛翔編)
あ、気づけばカウンターが3万を越えているではありませんか。皆さん、ご訪問誠にありがとうございます。役に立たない雑文を書き散らして恐縮ですが、今後ともよろしくお願いいたします。

さて、私の英語学習にとって、人生最大の転機(大げさ)が訪れたのは、高校2年生の時でした。夏休み明けに、実力テストというものがあったのですが、突如英語で学年1位になったんです。自分ではそんな点数が取れるなんて夢にも思っていませんでしたから、先生に、「このクラスに学年1位の成績を取った生徒がいる」って言われても、「誰なんだろう」って思っていました。なので、「それは、TEX君です」って言われた時は、クラスメートと一緒に自分でも「えー」って(笑)

今振り返ってみるに、成績が急速に伸びた理由は、その前の夏休みにありました。私は高校に入学してサッカー部に入ったのですが、若気の至りで、高校2年生の夏休みの前に退部してしまったんですね。そうなると、暇なわけです。今みたいにネットや携帯もなく、することがないので、友達と一緒に昼間は甲子園で高校野球の売り子なんかのバイトをして、夜は家で、「トレーニングペーパー(以下トレペ)」という教材で毎日英語を勉強し出したんです。

今から思うに、トレペの訪問販売で、そのよさを玄関先で延々と説明された母親が購入したのだと思います。「角の○○さん家の××君はトレペで成績が上がって京大に合格されたんですのよ」「受験は高2の夏休みが勝負だから入会するなら今のうちよ、奥さん」みたいなことを言われたのでしょう。おぼろげですが、私もその場に居合わせ、「あんた、そろそろ勉強した方がええんとちゃうの」などと母親に三角目ですごまれ(笑)、ややびびりつつ、「うん。そうやなあ」などとあいまいに返事した記憶があります。

で、私もせっかく母親が数万円も払って買ってくれた教材を放置するのも忍びなく、トレペをやりだしたんですね。ところが、英語をまじめに基礎から勉強し出したら、これが意外と楽しかったんです。元々国語が好きだったので、「外国語を理解できる」ということが純粋に楽しかったんだと思います。さすがに最初は義務的な理由でしぶしぶ解いていたのだと思いますが、英語の勉強って、分かり出すと加速度的に楽しくなりますよね。なので、毎日昼間はバイトで夜はトレペという生活を夏休み中送ることとなりました。とにかく、「もういい加減にして寝なさい」なんて言われるぐらいトレペの英語にはまったんです。今から考えるとかなり暗い(笑)

トレペって今でもあるのかは分かりませんが、取り組まれたことのある方はいらっしゃるでしょうか。その名のとおり、異常に分厚いトレーニング本で、本当に嫌になるくらい基礎練習を繰り返しやらされるんですね。早く次に進みたいって思っても、ほとんど同じようにしか見えない問題が延々と続くんです。99%(TEX加藤推定)の人が挫折すると思います。私の場合、負けず嫌いな性格も幸いして、「ここで止めたら負けだ(いったい何に?)」って思いながら、結局夏休みが終わるまで毎日勉強を続けました。などと書きつつ、英語と一緒に購入した数学のトレペには数日であっさり白旗を揚げてしまったわけですが(笑)

今から考えると本当に幸運だったと思います。高校時代の夏休みって、時間もたっぷりあるし、吸収力もすごいし、何より勉強すると褒められるわけですから。英語の勉強なんかしてないで仕事しなさいって、怒られない(笑) しかも、他の同級生は、クラブ活動や恋愛、遊びに忙しくて、受験勉強なんてしていなかったので、私が、クラスの女子からのあまたの誘いを断り、一ヶ月強毎日トレペを一日数時間集中して続けた効果がすぐに休み明けのテストの結果となって表れたわけです。

勝間和代さんも著書でおっしゃっていますが、「一つの英語学習教材を愚直に続けた」のがよかったのだと思います(まあ、トレペ以外に英語学習教材が家になかったわけですが)。しかも取り組んだ教材が初歩の初歩からの反復トレーニングを要求されるトレペだったのもラッキーでした。結果として、それまでできていなかった英語の基礎をしっかりと鍛えることができたわけですから。

若さってすごいもので、その後は、卒業するまでの間、ほとんどの試験で英語は学年で1位をキープし続けました。それまで自分が何かで学年で1位になるってことがなかったので、ものすごくモチベーションが上がって、どんどんいい方向に進んだんです。「学年で英語が1位のクラスメートがいるなんて、嬉しいな」なんてクラスの女子に言われてもう有頂天で鼻の下伸ばしてついでに鼻血も出しながら「やったるでー」とばかりにものすごい勢いで勉強を続けたわけです。

すっかり英語が好きになった私は、その後外大に進み、今に至る(その間を超省略)のですが、私の英語学習の原点は、紛れもなくあの高2の夏休みです。もちろん、当時リスニングは全然勉強していませんでしたし、TOEIC990点に至るまでには幾つかのブレイクスルーもありましたが、あのトレペのオバサンがあの日私の家に来ていなければ、今の私はなかったと思います。

ということで、私の英語学習におけるメンターは、トレペのオバサンとうちの母親だったことがこの日記を書いていて判明し、自分自身で驚いている今日この頃、皆さんいかがお過ごしでしょうか。このシリーズ、このまま続けるのもどうかと思いますので、このエントリーを持って一旦終了とさせていただきます。皆様、長らくのお引き立て、ありがとうございました。

↓やっと終わったか、とほっとされている方、クリックをお願いします。
banner2.gif  
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.