FC2ブログ
私の英語履歴書(中学編)
たまーに、「TEX加藤さんはどうやって国内で英語を勉強したんですか?」って聞かれることがあるので、ちょっと昔話を書いてみようかなと思います。え、"They just said that to be polite."、そんなオヤジの思い出話はどうでもいいから、3月のTOEICに向けた有効な対策法でも書けよ、って? そういう方には、神崎さんの「TOEIC BLitz Blog」がお勧めです。また、HUMMERさんの「独学でTOEIC990点を目指す!」も素晴らしいブログなので、是非今すぐそちらへ光速で移動されることを強くお勧めします。

さて、私は生まれも育ちも大阪です。大阪の田舎町で生まれたので、小学校の時に外国人を見た記憶や、英語に触れた記憶がまったくありません。TVで「ゼンジー北京」を見かけたぐらいでしょうか。なので、中学でゼロから英語の勉強をスタートしたわけです。

中学もごく普通の公立中学で、スペルの書き方(ブロック体・筆記体)などを、線の入ったノートで綺麗に書くという作業からスタートしました。「このSの曲線はなかなか美しいなあ。しかもちゃんとぴったり線の上に書けた」などと、英語力とは全く関係の無いところに燃えていた記憶があります。授業も、悪名高い(infamous) "This is a pen."タイプでした。

中学の時の授業でいまだに覚えているのが、中1の時にクラスにいた坂口君のことです。先生に教科書を読むように当てられると、私も含む他の生徒は、もうほとんど宇宙語にしか聞こえないめちゃくちゃな読み方だったり、ふざけて読んだりしていたのですが、坂口君は、すらすらと英語っぽく読んだんですね。彼が読み終わると、一瞬の静寂の後に、「おおー」っていうどよめきと共に拍手が起こったんですよ。英語の教科書を読んだだけで(笑) 今から考えると彼は小学校の時に英会話でも習っていたのでしょうね。

で、私も、「オレも坂口君のように英語を格好よく読んで、クラスの女子に、”TEX君素敵”って言われたい」などと思って必死に真面目に練習したんですね。で、その次の授業では、私の「当ててくれ」オーラを痛いほど感じたのか、先生が、「じゃあ、ここを、TEX君。読んでください」と当てられたわけです。その時はもう、「よっしゃ。いよいよワテの出番が来たで。クラスの女子、皆、惚れるなよ」などと思いつつ、自信満々に読み終えた後、「どうだ」と言わんばかりに周りを見渡したのですが、残念ながら拍手の「は」の字も起こらず、大阪湾深く撃沈したのでありました。

まあ、当時は誰も英語のリズムや発音なんて教えてくれなかったのですから、当たり前ですね。CDや、ましてインターネットなどなかったし、自力でうまく読めるわけがありません。先生も、「キッチンはキチンと覚えなさいよ」なんてオヤジギャグを飛ばす程度で、英語の読み方も超適当でした。先生が読んでくれた「ロシア人」を意味する「Russian」って単語が、「ラッシャー」って聴こえて、当時人気プロレスラーだった「ラッシャー木村」を皆が思い出してクラス中の男子が爆笑した記憶が今よみがえりました。「他のクラスでもこの単語を聴くと皆笑うのよね。何でなの?」って先生は不思議そうにしていましたね(何でこんなことを30年経っても覚えているのか)。

中学時代、英語の成績はほとんど5段階の4だったと思います。悪くは無いですよね。ただ、それほど英語の勉強は好きではありませんでした。坂口君に惨敗したのが3年間知らぬ間に自分の中でトラウマになっていたのかもしれません。

こうして改めて振り返ってみると、中学時代に英語の基礎はまったくできていなかったのではないのか、と空恐ろしく思えてきました。先生もダジャレを飛ばすより、もっと何十回もテープを聞かせて音読する作業を強制してくれればよかったのに、と思います。

とここまで書いて、こんなどうでもいい思い出話に果たして読者の方々のニーズはあるのかが疑問に思えてきたので、このシリーズは不定期連載にします。まじめなエントリーの合間に緩衝材としてはさむことで、皆さんの息抜きにしていただければと思います。

↓たまには書いていいよ、と思って頂ける方、どうか慈悲のクリックを。
banner2.gif  
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.