FC2ブログ
7月のTOEICに出たfor
昨日は朝から夜中まで作業をして、休み明けに提出しなければならない資料がようやくラフの段階までまとまりました。明日全体の校正をすれば何とか仕上がりそうです。

さて、パート5で、過去3回続けて私がちょっと迷ったのが、一見簡単な前置詞の問題でした。前回出た~increased (by) 2 %も一瞬迷いました。こういう問題って考えれば考えるほど間違えそうな気がしますね。

「ここは単位を表すbyだな、いや、inもありえるか、意表をついてtoって可能性もあったりして」などと考え込んでしまうと、時間をロスする上に間違う確率も高くなるので、最悪です。私の場合はまず第一勘でマークして、本当に自信がない場合は、問題用紙の番号の横に軽く印を付けておいて、後で見直します(でもだいたい書き直すと間違えるんですよね)。

例えば、7月のTOEICのパート5では、101番の問題が、interns (for) the summerとforを選ばせる問題でした。私の記憶が確かなら、inが選択肢にあって、どっちも時を表す前置詞なので、どっちかなあと一瞬迷ってしまったんです。

ここでフォレストを見てみると、「前置詞とは、名詞や代名詞、そして動名詞などの名詞の働きをする語句の前に置く語である」と書かれています。「前に置く語」だから前置詞ですね。こんなこと普段考えませんが。

さらに、調べてみると、

I am staying here for a few days.
I first visited Germany in 1991.

という例文があって、forは「~のあいだ(ずっと)」という、「あることがどのくらいの期間続いたかという期間」を表し、inは「~という期間の中のある時に」という意味になると書かれています。

つまり、TOEICの問題に戻ってみると、夏の一定期間の間ずっとインターンなわけですから、forが正しいということになります。感覚をつかむために、ネットからいくつか例文を拾ってみます。

MLB.com seeks interns for next summer
「MLB.comが来夏のインターンを募集」というニュースの見出しですね。

The Times is looking for several technical interns for the summer.
「タイムズ紙は、数人の専門職の夏期インターンを探している」

Microsoft is introducing Program Manager interns for the summer.
「マイクロソフト社は、夏期プロダクトマネージャーインターンを導入する」

タイムズ紙のオンラインから、関連表現を拾ってみます。

Summer internships
Spend the holidays earning money, CV-building and - crucially - finding out if the career you think you want to pursue is really for you.

サマーインターンシップ
夏休みを使って、お金を稼いで、履歴書ビルディングをして、最も重要なこととして、自分が就きたいと思っている職業が、本当に自分に合っているかを見極めよう。

って書いてあります。最近は日本の企業でもインターンシップ制度を取り入れているところが増えているようですね。学生と企業とのミスマッチを避ける意味でも有効なのではと思います。

↓TOEICの問題から脱線してしまいましたが、参考になった方、クリック頂けると励みになります。
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.