英検を受けた夏(その2)
二次試験の会場の教室では、他の受験者のスピーチを聞くのがとにかく楽しみでした。自分のことはさておいて、仮にも英検一級の一次試験をパスした人ばかりなので、きっとすごいんだろうなあ、どんなすごい英語が聞けるんだろうなあ、などとわくわくしていました。

私は、確か20人中、11-12番目くらいにスピーチする席順だったので、まずは他の受験者の様子を参考にして、優れた部分は盗んで自分のスピーチに使おうというよこしまな気持ちもありました。試験官は、日本人と外国人が一人ずつの二人。外国人の方は、見た目からして、ラテン系の印象です。受験者の緊張を解きほぐそうとしてか、入室するなり軽いジョークを飛ばしていました。

番号を呼ばれた受験者は、試験官の前に進み、机に置かれた封筒を開けて、中に書かれているトピック2つのうちから1つを選び、1分考えて2分スピーチ。スピーチ終了後に試験官と簡単な質疑応答を行う、という試験内容です。いよいよ最初の受験者が呼ばれ、スピーチが始りました。

ところが、驚いたことに、受験者が皆緊張からか、スピーチがぼろぼろなんです。覚えている限りで、以下のようなスピーチが続きました(実話です)。

○スピーチが始って、いきなり10秒以上沈黙
○タイトルを何度も繰り返してしまってスピーチがなかなか始まらない
○スピーチが2分で終わらず、試験官に「終了です」と言われているのに、「まだ終わってません」と答えて、それからさらに数分スピーチを続けた
○試験官の質問に対して、女性蔑視的な発言をして、「日本文化ではこうなんです」と断言した

今でも覚えているのが、「好きなTV番組(My favorite TV program)」というタイトルでスピーチをした女性です。「私が好きなTV番組は○○です。なぜなら、ブリティッシュイングリッシュが美しいからです」って話したんですね。当然、試験官は明らかに英国人ではないので、「ではあなたは、ブリティッシュイングリッシュ以外の英語は美しくないと思っているのですか?」って不機嫌そうな表情で突っ込みを入れられて、「はい」って答えたんです。その場の空気が凍りつきました。

結局、私の順番が来るまでに、しっかりスピーチができたのは1人だけでした。おじさんでしたが、見事なまでに慣用表現なども盛り込んで、まったく詰まることなく、きっちり2分で締めたので、よほどの英語の達人か、事前に暗記してきた内容が出たのだと思います。

それまでの受験者のスピーチを聞いて、私が心がけようと思ったのは、リラックスして、2分間普通に話をして、できれば試験官と楽しい雰囲気で会話を交わすことでした。最初はジョークで皆を笑わしてくれた試験官が、スピーチを聞きながら、だんだんうんざりした表情になったり、窓の外を見たりしていて、まったく楽しそうに見えなかったんです。なので、「スピーチの内容はぼちぼちでも、笑わせたら通るかな」って思いました。

そうこうするうち、私の順番になり、封筒を開けると、そこに書かれていたトピックは、「social welfare」と「the magazines I regularly read」でした。 社会福祉なんて何を話していいかさっぱり分からないので、寸分も迷うことなく後者を選択し、以下のおおまかな構成を考えました。

私が定期的に読んでいる雑誌は、TIMEとNEWSWEEKです(たまにしか実際は読んでいないけど)。
外国語大学で英語を専攻している私がこの二つの雑誌を定期購読する理由は二つです。
一つは、英語力を高めること。もう一つは、今、世界で何が起こっているのかを知ることです。
英語力を高めるということについては、二つの異なるスタイルで書かれている英語に接することで、単に一冊の雑誌を読むよりも、語彙力や読解力を向上させるのに役立つと思います。
また、日本の外で起こっていることを知るのに、二つの雑誌を読むことで、情報や視点が偏らず、違った視点から世界を見ることができると思います。
これからも継続してこの二冊の雑誌を読み続けることで、自分自身の英語力や知識をさらに高めていきたいと思います。

で、実際にスピーチをしてみたら、これがなんとジャスト2分で終了。もちろん時間を計りつつスピーチする余裕なんてないし、ラッキー以外の何物でもありません。「うわ、2分ちょうどで計ったように終ったわ。ついてるなあ」って自分で驚いたくらいですから。

その後の質疑応答で覚えているのは、「英語の雑誌を定期的に複数読んでいたら、フラストレーションがたまらないか?」という質問です。ここだ、とばかりに、「そりゃそんなことばっかりしてたらフラストレーションがたまるので、テニスしたり、女の子と出かけたり、パーティーしたりして、ストレス発散してますよ。あ、窓の外を見ると今日は青空が広がっていい天気ですよね。こういう日は泳ぎに出かけたいですよね」って返しました。笑いはとれませんでしたが、試験官が笑顔になったので、作戦成功です。

スピーチの内容自体はたいしたことないものでしたが、合格できたのは、面の皮が厚いのと、その場の空気を読めたからではと思います。

あの夏のことは20年たった今でもよい思い出です。最近は英検一級のレベルが上がっているそうなので、受けたら確実に落ちそうですね。フロックだったことが明るみに出るので、もう受けたくありません。

しかし、こんなブログでは英語を勉強する方の役に全く立っていませんね・・・ 単なるオヤジの自慢話&昔話だと思って聞き流していただけると幸いです。さらにブログランキングなどクリックしていただけると、さらにどうでもよい英語にまつわる話を調子に乗って書き込みます。


英検を受けた夏(その1)
またまたTOEICとは無関係の内容ですが、20年前、学生時代に受けた英検の話です。

私は、英検は2回受けたことがあります。1回目は大学三年生の時、2回目は大学四年生の時で、ともに受けたのは一級で、2回目で合格しました。

それまで、英検は受けたことがなかったので、自分の英語力が英検何級くらいなのかは全然分かっていなかったのですが、「外大生として受けるなら一級だろ」と、何も考えずに申し込んだんです。準一級というものが当時新たに創設されたのですが、せっかちな大阪人なので、「無謀だよ」という周囲の声にもめげずに、いきなり一級を受けました。

私は大学時代、弱小体育会テニス部に所属していて、毎日テニスの練習に明け暮れていたので、英語の勉強は学校の授業と試験前の詰め込み程度。試験対策も全くしていませんでした。で、当然のことながら、一回目は、一次試験で判定Bであえなく玉砕しました。合格に近い順にA・B・Cで判定されるので、合格には程遠かったことになります。落ちた感想は、「なんでやろ?」「ま、次はいけるかな」だったのですから、お気楽なものです。吉本新喜劇風にいえば、「ま、今日はこのくらいにしといたろ」ですね。

クラブ活動を、四年生の春に引退して、8月に米国の大学に留学するまでの間に、二回目の英検一級に挑戦することにしました。今度は時間があるので、一次試験の対策をちゃんと行い、まずは一次の筆記は無事パス。20年前の話なので、今はどうなのかは知りませんが、当時英検一級の合格率は数パーセントで、中でも二次試験の面接が合格への難関でした。

二次試験が行われたのは夏でした。7月だったでしょうか。天気が良くて暑かったのを今でも覚えています。私はといえば、二次試験の対策はほとんど何もやっていませんでした。「2つあるトピックのうちから1つを選び、1分考えて2分しゃべる」、その問題形式を把握しただけです。対策を練るのが面倒だったんですね。2分スピーチする練習もまったくしていませんでしたし、過去にどういうトピックが出たのかも見ていませんでした。いいかげんなものです。

会場は、どこかの大学だったと思います。二十人くらい入れる小教室に入れられて、席順に一人ずつ前に出てスピーチをする形式でした。この二次試験がなかなかエキサイティングだったので、その模様をおぼろげな記憶を頼りに後半で紹介します。
TOEIC受験スコア推移
私の受験スコア推移です。

1回目 1991/?? 875(L425 R450) 
2回目 1992/?? 875(L475 R400) 
3回目 1999/11 950(L495 R455) 
4回目 2008/06 990(L495 R495)
5回目 2008/07 990(L495 R495)

1・2回目はIPテストで、3回目以降は公開テストです。

1回目は、入社直後に会社で受けされられたものです。この時は、まったく勉強していませんでした。「TOEICって何?」っていう程度の認識だったと思います。

2回目も、同じく会社で受けさせられました。91年かもしれません。この時は、リスニングの問題形式を確認する程度の勉強はしたかと思います。そのせいかLは上がりましたが、会社に入って英語を読む機会が減ったからか、Rが大きくスコアダウンしました。同期が数人900点を超えたので、外大出身者としては情けないなあと思った記憶があります。

それ以降TOEICへの関心は薄れていたのですが、在日米軍基地でオーディオ機器を販売する部署に移動したり、96年に外資に転職したりで、英語を日常業務で使う機会には比較的恵まれていました。

99年の夏、思ってもみなかった内臓疾患で1か月入院。退院後、しばらくはテニスもできず、規則正しい生活を強いられたので、余った時間で英語を勉強してTOEICを受けることにしました。テニス仲間がTOEICで920点だったと聞いて、外大出身者としては刺激を受けたことも受験のきっかけでした。

当時はインターネットもなかったので、勉強法も手探りでしたが、参考書を買い込んで、2ヶ月くらい結構頑張って勉強しました。石井辰哉さんの、「TOEIC Test 900点突破 対策と問題」をやってみて、あまりの難しさに歯が立たず、「900点って大変だなあ」と思っていたのですが、結果はLは満点で、950点という高得点を獲得することができました(この本は今やっても同じかもしれません)。

とりあえず、テニス仲間の点数を超えたので、それ以降はTOEICから遠ざかっていたのですが、2003年に国産メーカーに転職して、英語を使う機会がほぼゼロに近くなり、ブログにも書きましたが、展示会で自分の英語力の低下ぶりにショックを受ける出来事があったので、春から勉強を再開して、現在に至ります。

この過去の受験歴の中の、875→950に至る過程は、本来はTOEIC受験者の方の参考になる部分のはずですが、正直、875といっても全く勉強していなかったので、実質は900点以上の力はあったと思います。問題形式を把握したり、過去問を解いたり、といった試験対策をちゃんと行っただけです。

じゃあ、875点に至るまでの勉強法はというと、受験勉強や、外大での授業、9カ月の留学経験、といったものの蓄積なので、これまたあまり参考になりませんね。

というわけで、主にこのブログでは、1万問を解いて連続満点を取る過程で得た、私なりのTOEIC対策や、問題集や参考書についての感想を紹介したり、意外と記憶力が良いので、受験直後には速報などをお伝えしたいと思います(ETSに怒られない程度にはなりますが)。

↓参考になった方(いないか?)はクリックして頂けると嬉しいです。
10月のTOEIC
今日申し込み開始です。さっそく申し込みました。

早く申し込んだせいか前回は近くの会場だったので、今回も早めの申込みです。

今回は締切が早いので、受験する皆さんは忘れないうちに申し込みを!
英語に目覚めた日
中学校時代、英語の成績は、おぼろげな記憶ですが、5段階の4だったと思います。むしろ国語の方が得意でしたし、そんなに英語は好きではありませんでした。

地元の公立高校に進学してからも、英語の成績は悪くはありませんでした(確か10段階の8とか9)が、国語の方が好きでしたし成績も良かったと思います。まあ、苦手な数学よりは好きでしたが。

転機は、高校二年生の夏休み明けの実力試験でした。思ってもみなかったことに、学年で1位になったんです。今でも覚えているのですが、英語の先生がテストを返す時に、「このクラスで学年1位がいる。TEX加藤だ」って言ったんですね。

それまで何かで学年で1番になることなんてなかったし、まさか自分だとは思っていなかったので、「学年で1位? 誰やねん」程度に聞いていたのですが、クラスメートの「おー」っていう驚きと尊敬の声ですっかり舞い上がって、それからはもう英語の勉強がすっかり好きになりました(単純)。

高校二年生のその時期は、まだ同級生が受験勉強に力を入れ始める前だったし、いろいろあってクラブ活動を夏休み前に辞めたので、暇つぶしに甲子園で売り子のバイトをしつつ、英語のドリルをこなしたのが思わぬ結果につながったのだと思います。

そこからは、卒業するまで、模試とか実力試験でもずっと学年でトップクラスを維持して、英語の勉強ができる外国語大学に進学しました。

もしあの時、学年1位でなかったら、人生変わっていたかもしれないなあと思います。人生何が転機になるか分からないものですね。
「直前」模試3回分に挑戦
最近TOEICの勉強をさぼり気味なので、ブログで評判の良かった『新TOEICテスト「直前」模試3回分』を購入して、1回目のリスニングを解いてみました。

結果は、

PART1 10/10(勘2)
PART2 29/30(勘2)
PART3 27/30(勘5)
PART4 29/30(勘1)

と、素点が95/100、勘の正解分を除くと、85/100で、換算表を見ると、84問以上正答で495なので、勘も含めるとぎりぎり満点でした。

本番と比較するとかなり難しかったですね。私はPART3が一番苦手で、それがスコアにも表れています。本番対策の模試ということで、最強トリプル模試同様、引っ掛かりやすい選択肢を用意したり、豪・英の発音にかなり訛りがあったりと、あえて難しく作ってある印象です。これが本番だったら焦るでしょうね。本番で勘が10問もあったら満点が危ういです。

どうでもいいことですが、この模試の英国の女性のナレーターさんは、「ダイアローグリスニング」というリスニング本にも出てきた方で、声がとてもキュートです。声に特徴があるので、すぐに、「あ、あの人だ」って分かります。ただ、声は可愛くても、ブリティッシュイングリッシュに慣れていないと聞きづらいのが難点です。

ここでTOEICのリスニング対策を1つ。模試を受ける時は、なるべくCDラジカセで受けたほうがよいと思います。本番もCDラジカセのケースが多いので、私の場合は、CDラジカセでの音量を少し下げたり、窓を開けっ放しにして、本番よりやや悪い環境で模試を受けるようにしています。実際、6月の本試験では、「あ、こんなに音が大きいんだ」と思って気が楽になりました。

普段、携帯音楽プレイヤー等で、周囲の音をシャットアウトした状態で模試を受けていると、本番の時に、音の悪さや音量、周囲の雑音が気になったりするのではないでしょうか。そうした事態を避けるためにも、できるだけ本番に近い形で、ちょっとだけ本番より負荷をかけるのがよいのではと思うのです。

とはいえ、バイクの爆音やセミの鳴き声がする場合はさすがに窓は閉めますけどね。

↓参考になった方はクリックして頂けると嬉しいです。
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.