5月TOEIC感想
本日のTOEIC公開テストを受験された皆さん、お疲れ様でした。私は1問目が庭いじりをする女性の写真のフォームで、Part2がとても難しく感じました。リーディングは比較的平易で、終了12分前の14時50分に解き終わりました。以下個人的な感想です。

Part1 やや難 易問がQ2だけで、他はやや難易度が高かったですね。特に初中級者の方は、消去法をうまく使いましょう。

Part2 難 簡単な問題が少なく、ひねった答えの波状攻撃がすごかったですね。初中級者の方は途中で戦意を喪失されたかもしれません。会話のシチュエーションが目まぐるしく変わるので、気持ちの切り替えと、場面をイメージする想像力が必要です。

Part3 普通 前半の選択肢が長めで、ややしんどかったですね。後半はグラフィック問題を含め、比較的解きやすかった印象です。

Part4 普通 あまり印象に残っていませんが、グラフィック問題や意図問題もそれほど難易度が高くはなかったと思います。 

Part5 やや易 基本的な語彙や文法事項を問う問題がほとんどでした。

Part6 普通 文挿入もそれほど難易度は高くなく、標準的なレベルだったと思います。

Part7 やや易 今回はSP・DP・TPとも易しめだったと思います。同義語問題も、しっかりと文脈が理解できていれば、解けるものがほとんどでした。

私が受験したフォームでは、Part2の難易度の高さが印象的でした。特に後半はひねった答えばかりだったので、このパートが苦手な方にとっては大変だったと思います。リーディングは平易でしたが、難易度が下がると、990を取るにはミスが許されず、逆に990が取りづらいかもしれません。

会場の最寄り駅が「南北線東大前駅」だったのですが、「ひがしおおまえ」駅だと思い込んでいました。パート7でこうした読み違えをすると致命的です。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif
第220回TOEIC神社
第220回TOEIC公開テストが日曜日に開催されます。恒例となりましたが、この公開テストにかける皆さんの思いを、以下のテンプレートを使ってコメント欄に書き込み、テストに向けて気持ちを高めましょう。最後にスコアアップの霊験あらたか(?)なTOEIC神社の鐘を是非鳴らしてください。

【お名前】
【今回の目標スコア】
【過去最高点】
【コメント】

記入例
【お名前】国際花子
【今回の目標スコア】 900
【過去最高点】 850
【ひとこと】900取って会社から報奨金をGetします!

上記のようなコメントを書いた後、それぞれの思いを込めた気合の掛け声と共に下にあるTOEIC神社バナーをクリックしてください。目標スコアを達成したご自身の成功イメージを頭に描いてクリックするとよいかもしれません。

↓ベストスコアを祈願するTOEIC神社です。祈願の鐘を鳴らしてください。
4月TOEIC感想
本日の公開テストを受験された皆さん、お疲れ様でした。私は初めて有明の会場での受験でした。大教室の館内放送でのリスニングが久しぶりだったので、上から聞こえてくる音声にやや戸惑いました。以下、個人的な感想です。

Part1 やや難 易問がなかったですね。植木鉢や電子レンジ、露天商といったPart1必須語が登場しました。公式問題集に出て来る単語は、誤答の選択肢までしっかり押さえましょう。
Part2 普通 ひねった応答が序盤から登場するので気が抜けません。会話のシーンをしっかりイメージすることが大切です。
Part3 やや難 選択肢が長めのセットが多く、結構大変でした。先読みなしで解く練習を普段からしておくと良いと思います。
Part4 普通 特に印象がありませんが、グラフィック問題では、商品名等の英語がうまく聞き取れなくても、あせらないことが大切です。たいてい最後に復唱してくれます。
Part5 普通 語彙も文法も基本的な内容の出題が多かったと思います。金フレに入っていない単語が1つ語彙問題で出題されました。公式教材には出てこないので、盲点でした。
Part6 普通 文挿入は易しめでしたが、個別の文脈問題の難易度が高めだったと思います。
Part7 普通 いきなり2つ目のセットが4問の記事で面食らいました。シングルパッセージは少し内容がつかみづらいものもありましたが、ダブル・トリプルは通常レベルだったと思います。

前の席の学生風の女の子と、右斜め前方のOL風の女性が試験前に金フレを開いていました。そういう姿を見ると、本はしっかり書かないと、と気持ちが引き締まります。

参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif
求人&近刊
神田外語学院TOEIC教員採用担当窓口のTEX加藤です。
現在、来月4月からの非常勤講師を急募中です。

担当科目(どちらかだけでも可)
1. TOEIC L/R(どちらかだけでも可)
2. 英検対策講座(準1級、2級)

授業時間:1コマ(90分) 週1回
学生数:1クラス30名前後(能力別クラス編成)
勤務期間:1学期(4~7月) 2学期(9~12月) 3学期(1~3月)
給与:試用期間(3か月)1コマ¥5400、正規採用後¥6060(交通費別途支給)
勤務地:神田外語学院(神田駅前徒歩3分)
応募条件:大卒上、年齢60歳まで、教授経験とやる気があること。教職免許不要。

ご興味のある方は、神田外語学院教務センター加藤武彦(kato-t@kifl.ac.jp)宛、メールにてお気軽にお問い合わせください。書類選考後、面接・サンプルレッスンを経て採用となります。

よろしくお願いいたします。

PS:『金フレ改訂版』が早くも5刷となりました。本は売れればよいというものではありませんが、実用書は「売れてナンボ」の部分もあるので、自著がたくさんの読者に支持されているのはありがたい限りです。先日読んだあるビジネス書に、「一見不合理に見えるアイデアの方が起業ではうまくいく」といった趣旨のことが書かれていました。考えてみれば、「金フレ」の「日→英」の形式もそうですよね。TOEIC LRテストでは、「日→英」の能力は問われないので、一見不合理です。ところが、それがベストセラーになっています。もし、金フレが「英→日」の形式だったら、ここまでヒットしていたかどうかはわかりません(逆バージョンを出したら売れたりして)。

アマゾンで、私が敬愛する小説家の村上春樹さんの最新作に挟まれた瞬間を記念撮影。
図1

最後に近刊情報です。「読解特急1」の改訂版(新形式の問題と語注を追加)を現在執筆中で、5-6月頃店頭に並ぶ予定です。

参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif
金フレ改訂版と近刊情報
金フレ改定版発売から一ヶ月、さまざまなご指摘・ご要望をいただき、ありがとうございます。丁寧に作り込んだのですが、いくつか誤植が見つかっています。すみません。修正箇所に関しては、こちらの記事をご覧ください。

執筆中は、自分の100%の力を出し切り、この5年間のTOEIC受験や指導で得たすべてを注ぎ込むことしか考えていませんでした。その目標は達成できたので、私自身、満足しています。もう何も残っていません。

出版社によると、発売後1カ月で3刷が決まったそうです。発売前は正直、全面改定で売り上げが下がる可能性もあると思っていました。読者の反応は、本を出してみるまでは分かりませんからね。自分の書きたいように書いて、それでだめなら仕方ない、と思っていました。結果的に、たくさんの読者に支持していただけて、本当にありがたいです。

2008年6月以降、公開テストを受験後、カフェ(西国分寺のドトールが多かった)でテストの振り返りをして、家に帰ってエクセルに打ち込む作業をずっと続けています。誰に頼まれたのでもなく、本にするあてもなく、ただの個人的な作業として始めました。当時は、自分が脱サラしてTOEIC講師になるなどという考えは、地平線上にも浮かんでいませんでした。人生分からないものですね。

近刊情報として、「でる1000」の改訂版は、諸般の事情により、5-6月頃に発売延期となりました。改訂版とはいっても、金フレとは異なり、マイナーチェンジです。巻末のミニ模試40問×9セットを30問×12セットに分け直して、新たに1セット30問を追加する予定です。当面は現行版をご愛用いただければと思います。「読解特急1」を新形式に合わせて改定したものも、5月頃に出る予定です。こちらは神崎さんと一緒に作業を進めています。

参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.