FC2ブログ
3月公開テスト正解数換算表
皆さん、ご報告、ありがとうございます。午前2つ、午後2つの換算表ができました。自分がどのフォームだったかは、スコア表のリスニングの平均値(▲の数字)を以下のフォーム番号と照合してください。

午前回
リスニングの平均値(▲の数字)
【フォーム1】64/58/77/72/52
【フォーム2】62/67/77/71/52

午後回
【フォーム1】65/55/77/63/57
【フォーム2】66/69/75/71/63

リスニングは、L1・2・3・4の合計の誤答数を100から引くと正解数になります(午前のフォーム1は採点対象外の問題が1問あったようですので、99から誤答数を引いてください)。最初にご報告いただいた「SAKI」さんのAMを例にとると以下の計算となります。

【お名前】SAKI(午前回)
【フォーム1】
【LAM】73 90 93 92 69
表から計算したL1-4の誤答数:4+2+1+4=11
リスニングの正解数:99-11= 88(L460)

なお、リーディングの正解数は、複数の項目に重複計上される問題が20問近くあるため、表から単純計算することはできません。表から算出した誤答数を100から引いても正解数は出ませんので、ご注意ください。

以下が換算表です。クリックで拡大します。

図1
図2
図3
図4


PS:2月は、午前4、午後1フォームの計5フォームでしたが、今回は午前午後とも2フォームだったようです。私は、午後のフォーム1で、オール100でした。リスニングで3問程度、自信が持てない問題があったのですが、合っていたようです。その中の1問は、答えを変えようかと思ったのですが、「直感を信じる」という鉄則に従った結果、誤答が避けられました。経験則的に、「迷ったら直感を信じて答えを変えない」方がいい気がします。変えて間違えるとがっかりしますしね。

参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif
2月公開テスト(午後の部)AM報告用記事
本日から、2月公開テストのスコアシートが届き始めるかと思います。久しぶりに、正解数の換算表を作りたく、スコアシートが届き次第、以下の記入例を参考に、コメント欄にAM(Abilities Measured)の数字をご報告いただけると助かります。特に、700・600・500点台の方のご報告があると、計算の助けになりますので、スコアに関わらず、どしどしご報告ください。。午前午後のフォームがそれぞれ何種類あるか不明なので、サンプル数によっては、換算表が作れない場合もあります。その場合は、他の換算表を見て、近い数値を参考にしてください。

※この記事は午後の実施回専用です。午前回を受験された方は、別記事にコメントをお願いします。

<コメント例>
【お名前】国際太郎
【L平均】67/67/71/65/54
【スコア】L415 R380 T795
【LAM】67 78 94 88 40 
【RAM】67 76 75 78 76

【L平均】には、リスニングの▲の数字をご記入ください。
【LAM】【RAM】には、ご自身の数字をご記入ください。

なお、ご報告の際は、あらかじめ以下の事項をご確認ください。

(1)スコアと数字は念のため、送信前に再度ご確認ください。
(2)この分析は私個人が行っているもので、公式のものではありません。
(3)コメント欄にはご返事はしませんが、正解数換算表を追ってUPさせていただきます。

ご協力よろしくお願いします。

PS:私は午後回を受験し、スコアシートはオール100でした。全問正解の手ごたえがあったので、その通りの結果でほっとしています。3月の公開テストはリスニングで2-3問自信が持てない問題があったので、何とか990が取れていることを願うのみです。

参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif
2月公開テスト(午前の部)AM報告用記事
本日から、2月公開テストのスコアシートが届き始めるかと思います。久しぶりに、正解数の換算表を作りたく、スコアシートが届き次第、以下の記入例を参考に、コメント欄にAM(Abilities Measured)の数字をご報告いただけると助かります。特に、700・600・500点台の方のご報告があると、計算の助けになりますので、スコアに関わらず、どしどしご報告ください。午前午後のフォームがそれぞれ何種類あるか不明なので、サンプル数によっては、換算表が作れない場合もあります。その場合は、他の換算表を見て、近い数値を参考にしてください。

※この記事は午前の実施回専用です。午後回を受験された方は、別記事にコメントをお願いします。

<コメント例>
【お名前】国際太郎
【L平均】67/67/71/65/54
【スコア】L415 R380 T795
【LAM】67 78 94 88 40 
【RAM】67 76 75 78 76

【L平均】には、リスニングの▲の数字をご記入ください。
【LAM】【RAM】には、ご自身の数字をご記入ください。

なお、ご報告の際は、あらかじめ以下の事項をご確認ください。

(1)スコアと数字は念のため、送信前に再度ご確認ください。
(2)この分析は私個人が行っているもので、公式のものではありません。
(3)コメント欄にはご返事はしませんが、正解数換算表を追ってUPさせていただきます。

ご協力よろしくお願いします。

参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif
TOEIC文法問題の解き方14(最終回)
来週日曜日は公開テストです。私も1年以上ぶりに受験します。マスク着用での2時間の試験は初めてですが、呼吸がしやすいタイプのマスクで乗り切ろうと思います。課題は問題を記憶することですね。なんとか1問でも多く出題ポイントを頭に入れて、執筆や授業に生かせるようがんばります。受験者としては、新しい問題との出会いが楽しみです。

不朽の名著『文法特急』の改訂版が3月5日に出ます。増補・新形式対応に加えて、花田さんの音声解説付きだそうです。花田さんの解説は、「なんでこんなに言葉が流れるように出てくるんだろう」と、聞くたびにびっくりします(僕にはとても真似できません)。聞いた女性の9割が恋に落ちると言われている(TEX加藤私見)花田さんの解説は必聴です。

旧版の『文法特急』が出たのは2009年9月です。新書のTOEIC対策書シリーズを創刊することになり、花田さんが文法、Morite2さんが単語、僕と神崎さんとDanが読解を担当しました。少人数のTOEICサークル的な和気あいあいとした雰囲気でスタートしたことを覚えています。僕はまだ当時サラリーマンで、勤務後に会社の近くにあった喫茶店で、神崎さんとよく打ち合わせをしました。ひっそりとスタートしたシリーズが、その後、累計400万部の大ヒットになるとは思いもしませんでした。

では、来週の公開テストに向けて、いくつか問題を解いてみましょう。

A plaque will be awarded to the group ------- business plan receives the most votes from the judging panel.
(A) who
(B) that
(C) which
(D) whose

選択肢に関係代名詞が並ぶタイプの問題です。TOEICでは関係詞の問題の出題頻度は高くありません。Part5では1問出るか出ないかです。基本問題が多いので、出たら確実に正解したいところです。関係詞の問題を解く際は、空所後の形に注目します。ここでは、business plan receives the most votesというSVOの文の要素がそろっていますね。また、business planという可算名詞の単数形に何もついていません。そこで、所有格の(D) whoseを空所に補えば、whose business plan received the most votes(そのビジネスプランが最多得票を得た)という、先行詞the groupを後ろから補足説明する形容詞のカタマリができて正しい英文になります。他の選択肢はいずれも主格・目的格の関係代名詞なので、SまたはOが抜けた形を伴います。なお、名詞のgroupは同格のthat SVを伴わないので、接続詞のthatを空所に入れることもできません。

This studio apartment is ideal for ------- wishing to live in the downtown area of central Dublin.
(A) whoever
(B) them
(C) anyone
(D) whom

忘れたころに出題される、上級者も間違いやすいタイプの問題です。(A)(C)のどちらを選ぶかで迷うところですね。どちらが正解かは、空所後の動詞の形で決まります。ここでは、wishingという現在分詞なので、代名詞の(C) anyone(誰でも)が正解です。anyone (who is) wishing toと考えるとわかりやすいかもしれません。anyone interested in X(Xに興味がある人は誰でも)やanyone entering X(Xに入る人は誰でも)といったフレーズを何度か口ずさんでリズムをつかみましょう。(A) whoeverは、anyone whoに置き換えられます。主格の関係代名詞whoの直後にはVが必要なので、whoever wishes to~の形になります。whoeverが単数扱いなのも頭に入れておきましょう。(B) themは直後に修飾語を伴いません。単独で用いられます。(D) whomは先行詞が必要な目的格の関係代名詞です。TOEICでは、疑問詞として、For whom is the advertisement most likely intended?(この広告はおそらく誰に向けられていますか)の形で、設問文で出ます。

The Biron L-shaped desk will match perfectly with the ------- wooden furniture in your home or office.
(A) other
(B) each
(C) many
(D) every

空所後の不可算名詞furnitureを修飾できる形容詞は(A) otherのみです。otherが代名詞ではなく形容詞であることも覚えておきましょう。(B)(D)は、every dayやeach dayのように可算名詞の単数形を修飾します。each and every dayのフレーズで覚えましょう。(C)はもちろん、many yearsのように可算名詞の複数形を修飾します。

このシリーズはこれで最終回です。ご紹介した問題は、『でる1000』の姉妹本にまとめて掲載したいと思っています。発売未定ですが、最新の出題傾向を反映しつつ、文法が苦手な方が基礎から勉強できる内容になる予定です。『銀フレ』のように、学校の基礎クラスの授業でも使える内容にしたいですね。『でる1000』はTOEIC300点台以下の学生にはハードルが高すぎるので。

ではでは。来週の公開テスト、がんばりましょう。

参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif
TOEIC文法問題の解き方13(人称代名詞の格)
今日は、人称代名詞の格の問題を取り上げます。Part5でほぼ毎回、1問出題されるタイプの問題です。このタイプの問題を解く際の基本は、「主語が抜けていたら主格、名詞の前が空所なら所有格、目的語が抜けていたら目的格、文の要素がそろっていたら再帰代名詞を選ぶ」です。

Josephine Gray has been praised for ------- role in the classic film Blackmoon Rising.
(A) she
(B) herself
(C) hers
(D) her

空所後の名詞role(役柄)の前に置き、「彼女の」という意味を表すのが所有格の(D) herです。人称代名詞の格の問題では、空所後に名詞があれば、ほぼ確実に所有格が正解です。なお、「彼女自身の役柄」と考えて、再帰代名詞を空所に入れることはできません。その場合は、「her own role」です。再帰代名詞は所有格にはならない、と覚えておきましょう。

As a pleasant surprise, film director Hayato Miyazaki ------- introduced the movie at its premiere.
(A) he
(B) his
(C) himself
(D) him

初中級者にありがちなミスは、空所後のintroducedだけを見て、主格を選んでしまうことです。この問題では、すでに主語のfilm director Hayato Miyazakiが空所前にありますね。つまり、空所がなくても文の要素がそろっています。こうした完成文に加えて、「(他の誰かではなく)自ら」という強調の意味を表すのが再帰代名詞の(C) himselfです。主語の直後ではなく、文末に置かれることもあります。

Formerly a bank manager, James Waterman reinvented ------- as a photographer.
(A) him
(B) his
(C) himself
(D) he

主語と目的語が同一人物ですから、再帰代名詞の(C) himselfが正解です。reinvent oneselfは「それまでのやり方をガラッと変える、自己改革する」といった意味です。ここでは、銀行のマネージャーから写真家に転身した、ということです。再帰代名詞は、主語と目的語が同じ場合の目的語か、前問のような強調で用いられます。

The company’s president said that the decision to end the merger negotiations with the Taltra Group was ------- alone.
(A) his
(B) he
(C) him
(D) himself

空所にはbe動詞wasの補語が必要ですが、人称代名詞には「補格」が存在しません。Who ordered this? That was me.のように、口語表現では目的格が用いられますが、Part5での出題例は記憶にありません。この問題では、that節の主語がthe decisionで、空所にはhis decision(彼の決定)を入れたいところです。こうした「所有格+名詞」の繰り返しを避け、一語で表すことができるのが、所有代名詞の(A) hisです。たとえば、Tex, is this your phone? No, mine(=my phone) is black.といった形で、会話でも使われます。ここでは、その決定は彼だけの決断(彼の独断)だった、という意味です。所有代名詞は、Tex is a friend of mine.の形も重要です。出題頻度は低いのですが、基本的な用法は頭に入れておきましょう。

This tour is well suited for those who prefer to explore the historical port area on ------- own.
(A) they
(B) themselves
(C) them
(D) their

正解は所有格の(D) theirです。on one’s ownには、「(他の人と一緒ではなく)一人だけで、(他の人の力を借りず)独力で」の2つの意味があります。ここでは、「(他の人と一緒ではなく)一人だけで散策する」という意味です。たまに出題される形なので、覚えておきましょう。ownは、I want to start my own business.のように、所有格を強調する形でも頻出します。

いかがだったでしょうか。格の問題が本試験で出題されたら、スピーディーかつ「かく」じつに解きましょう。「格」だけに(シーン)。

不朽の名著『文法特急』の増補改訂版が3/5についに発売になるようです。花田さんの天才的な名調子がページから聞こえてくるような解説が楽しみです。

参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.