fc2ブログ
フォーカスグループ
TOEIC本著者の私でも、毎回の受験は必死です。Part 1で答えに確信が持てず消去法で解くこともありますし、Part 2では毎回かなりの緊張感があります。Part 3/4では「あと〇セットがんばろう」と自分に気合を入れています。Part 5/6で答えに迷うこともありますし、昨日はPart 7のMPの量が多く、内容もあまり馴染みのないモノだったので、しんどかったですね。200番まで終わると毎回ほっとします。スイスイ泳いでいるように見える白鳥が実は水面下では必死に足を動かしているのと同じですね。TOEICは楽な試験ではありません。

昨日の三文書問題で出てきたfocus groupは、知らないと文書の内容を理解するのが大変だったと思います。これは、商品やサービスについて、ターゲットになる消費者にfocus(焦点)を当てて、グループインタビューを行う市場調査の方法の一つです。たとえば、私が以前勤務していた玩具メーカーには、アンパンマンの商品担当の部署がありました。商品のターゲットは幼児ですが、実際に購入するのは主にお母さんです。ですので、対象となる年齢のお子様をお持ちのお母さんにfocusしたgroupを集めて、商品に対する意見を聞き、実際にお子様に遊んでいただいて反応を見ていました。参加すると当然報酬も出ます。TOEICによく出てくる市場調査の手法なので頭に入れておきましょう。

ちなみに、私の公開テストの日のルーチンは以下の通りです。
公式教材のPart2/4を1セット音読。Part 2はテキストを見ないでリッスン&リピート、Part 4は音声を流しながら同時読み。
リーディングセクションは当日問題を解くと、頭の中で試験問題と混ざるので何もしません。
昼食を食べ過ぎてお腹が痛くなるとまずいので、「どん兵衛」だけ。
水分も取り過ぎないようにして、家を出る前にトイレを済ませます。
家を出る直前にチョコラBBローヤル、会場に向かいながら森永ラムネで栄養補給。
会場入りしたら、さっさとアンケートに記入して、小説を読みます(村上春樹、伊集院静、藤沢周平が多い)。
試験後は、帰りの電車内で思い出し作業です(昨日は家から徒歩5分の会場だったので家で作業)。
翌日、必要に応じてネイティブにメモを整理して送って問題を作成依頼。

ということで、今日もチャットと三文書問題の草案をネイティブに送りました。その中から厳選して問題を作り、新刊に盛り込む予定です。

講師職を引退し、ぬいぐるみ事業も頑張っております。応援していただけたらうれしいです。
公式HP:https://rainbowpetnui.com/
アマゾンページ:https://www.amazon.co.jp/stores/page/1273C60B-44C7-4D4E-8D86-1DB665A197D1
インスタグラム:https://www.instagram.com/rainbowpet_official/
Facebook:https://www.facebook.com/rainbowpetnui

ブログ運営の励みになりますので、以下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif
2月公開テスト決意表明用記事
2024年2月のTOEIC公開テストが25日に開催されます(午前・午後で別回です)。是非、この公開テストにかける皆さんの思いを、以下のテンプレートを使ってコメント欄に書き込み、テストに向けて気持ちを高めてください。私は午後回を受験予定です。

【お名前】
【今回の目標スコア】
【過去最高点】
【コメント】

記入例
【お名前】国際花子
【今回の目標スコア】 600
【過去最高点】 550
【ひとこと】600取って内定をGetします!

PS:今回は家から徒歩5分の大学での受験です。試験後17時15分には家に戻れるので、問題の思い出し作業にはベストのコンディションです。新刊の長文に盛り込めるような面白い文書があるといいなと思っています。

ブログ運営の励みになりますので、以下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif
1月公開テスト決意表明用記事
2024年最初のTOEIC公開テストが28日に開催されます(午前・午後で別回です)。是非、この公開テストにかける皆さんの思いを、以下のテンプレートを使ってコメント欄に書き込み、テストに向けて気持ちを高めてください。2024年最初のテストで勢いに乗りましょう。私は午後回を受験予定です。

【お名前】
【今回の目標スコア】
【過去最高点】
【コメント】

記入例
【お名前】国際花子
【今回の目標スコア】 600
【過去最高点】 550
【ひとこと】600取って内定をGetします!

PS:先日Jayさんこと早川幸治さんのポッドキャストの収録がありました。2月下旬に配信予定です。決まりましたら当ブログでもご紹介しますので、聞いていただければうれしいです。Jayさんとはほぼ毎回試験会場が同じなのになぜ会わないのかと思ったら、Jayさんは午前回、私は午後回を受験しているからでした。最近リスニングの勉強をあまりしていないので、明日は既出4を解いて調整します。

ブログ運営の励みになりますので、以下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif
塗り絵はA/B/C/Dのどれ?
表の出典:『金のパッケージ』
図1

※この表はTEX加藤独自調べによるデータを基にした推定の数字です。公式のものではありません。また、制限時間内に解答できなかった問題はすべて同じ記号にマークしたと仮定して計算してあります。

表をご覧いただければわかるように、制限時間内に最後まで解き終わったとしても、正答率が5割だと、リーディングの予想スコアは220点です。一方、30問解き残したとしても、それまでの70問の正答率が8割なら、リーディングで300点を超える計算です。難しい問題で考え込んで時間を浪費しないよう意識しつつ、焦ってオーバーペースにならないよう注意しましょう。一般的に難易度が高いとされる長めの記事問題や、最初の数行を読んでも内容がまったくつかめない文書は、思い切って捨てるのも一つの戦略です。

なお、解き終わらなかった部分を白紙にすると、その部分はゼロ点になってしまいます。勘で正解しても減点されません。A/B/C/Dが正解になる確率はほぼ同じなので、「最後の20問は全部B」等、同じ記号にマークしましょう。

私は毎回、最後の10問の正解の記号を確認していますが、2・3・3・2のようにほぼ均等です。たまに2・2・4・2のようにどれか一つの記号が4つ正解になることもありますが、1・6・3・0のように、どれか1つの記号が5つ以上正解になったり、正解がゼロになったりしたことは記憶にありません。最後の20問も、5・6・4・5のようにほぼ均等になることが多いのですが、たまに4・8・5・3のように少し偏ることもあります。なお、偏る記号は決まっていません。

上級者の方は、最後の5問が塗り絵なら、そこまでの5問の正解の記号が一番少ない記号にマークしたいところですが、191-195が4・0・1・0のように偏ることもまずありません。たいてい1・1・2・1のようにほぼ均等です。その場合の裏ワザとして、181-195の15問の正解の記号をチェックして、一番少ない記号に最後の5問をマークする手はあります。とはいえ、上級者の方は、そんな裏技を使わずとも、時間内に最後まで解き終わることを目指しましょう。

講師職を引退し、ぬいぐるみ会社を起業しました。
応援していただけたらうれしいです。
公式HP:https://rainbowpetnui.com/
アマゾンページ:https://www.amazon.co.jp/stores/page/1273C60B-44C7-4D4E-8D86-1DB665A197D1
インスタグラム:https://www.instagram.com/rainbowpet_official/
Facebook:https://www.facebook.com/rainbowpetnui

ブログ運営の励みになりますので、以下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif
第20回TTT開催!
第20回TOEICテスト スコアアップ指導者養成講座(TTT)が来年の2・3月に開催されます。ヒロ前田さん、ロバート・ヒルキさん、早川幸治さんのTOEICのプロ3名による講師向けの講座です。僕は2009・2010の2回参加しました。4日間の講座を通して、TOEIC講師として知っておくべき基本知識や作問の基本などを学びます。その上で、実際に参加者の前で講義したり、他の参加者の講義を受けたり、自分で作った問題を提出してフィードバックしてもらったりできる非常に有意義な機会です。ここ数年はコロナ禍のためオンライン開催でしたが、今回は対面になるそうです。

僕がサラリーマンからいきなりTOEIC講師に転身しても何とかなったのは、この講座で基本を学んだことが大きいと思います。そうでなかったら、何をどう教えていいのやら見当もつかなかったでしょう。

この講座を通じて知り合った先生方とのつながりは今でも続いています。僕が責任者だった神田外語学院のTOEIC講座には、TTT出身の講師がたくさんいらっしゃいます。TTTルートで優秀な先生を紹介して頂いたおかげで、非常に質の高い授業を学生に提供することができました。昨年はTTT講師同窓会in九州に私も参加し、楽しい時間を過ごしました。仕事を紹介してもらったり、授業や教材の情報交換をしたり、プライベートで会ったりといった授業外でのつながりもあります。

作問の基本を学べるのも大きいと思います。TOEICの問題の作り方にはいくつもルールがあります。それを学べる機会はこの講座以外にはないのではと思います。僕も含めTTT出身の著者は45名以上いるそうです。この講座に参加したからといってすぐに本を出せるわけではありませんが、チャンスは確実に増えます。実際、僕も何人かTTT卒業生を出版社に紹介し、出版につながったことがあります。

TOEIC講師の方、講師志望の方、TOEIC本の執筆に興味のある方には絶好の機会だと思います。ご興味のある方は是非こちらをご覧ください。

講師職を引退し、ぬいぐるみ会社を起業しました。
応援していただけたらうれしいです。
公式HP:https://rainbowpetnui.com/
アマゾンページ:https://www.amazon.co.jp/stores/page/1273C60B-44C7-4D4E-8D86-1DB665A197D1
インスタグラム:https://www.instagram.com/rainbowpet_official/
Facebook:https://www.facebook.com/rainbowpetnui

ブログ運営の励みになりますので、以下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.