『金フレ』改訂版 訂正用記事
『金フレ』改訂版に、誤植が見つかりましたら、当記事のコメント欄にてご報告いただければ幸いです。出版社に連絡し、迅速に対応させていただきます。

2刷対応済
P14 24 「アンケート」を赤字に
P40 152 i------- 点線に頭文字のiを追記
P42 164 「予定」を赤字に
P55 policyholder 「保険加入者」→「保険契約者」
P169 TOEICに出る主な職業 civil engineerの訳 「土木作業員」→「土木技師」
索引 deviseの掲載ページ 201→207

3刷対応予定
P89 395 必要条件条件 → 必要条件
P165 690 解説差替え 「音楽を奏でるのに重要な役割を果たすのがinstrument(楽器)」
P197 proceedsの発音 prəsíːdz → próusiːdz
P214 897 r------- 点線に頭文字のrを追記
P227 hold イベントや会議棟を→イベントや会議等を 
P270 99→94
4刷対応予定
P92 12 女性が → 彼女は

参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif
『金フレ』改訂版 ご意見・ご感想報告用記事
1月6日、『金フレ』改訂版が発売になります。ご意見ご感想など、この記事のコメント欄にお気軽にお寄せいただけるとありがたいです。音声ファイルは、既に朝日新聞出版のHPにUPされています。ダウンロードの容量が旧版よりかなり軽くなっていますが、これは、読者の皆様から頂いた意見を反映し、単語の番号読み上げをカットしたためです。なお、誤植が万が一発見されましたら、別記事のコメント欄にてご指摘ください。改訂版が旧版同様、読者の皆様のスコアアップに貢献できますこと、著者として心より願っています。

参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif
「TEXファイル」につきまして
『金フレ』の改定作業が終了し、アマゾンにも表紙の画像が掲載されています(発売日は私も知りませんが、アマゾンだと1月6日ですね)。今日は、ブログ読者の皆様に、改訂版に掲載したコラム(校了前日に急きょ執筆した)をご紹介します。

 私は、2008年6月からTOEICを受け続け、本書の執筆時点(2016年12月末)で受験回数は80回を超えました。2016年5月の新形式移行後、現時点で行われた7回の公開テストも受験しました(すべて990点)。
 私がTOEICの対策書を執筆する上で大切にしていることの一つは、実際の試験内容を反映した生きた知識を伝えることです。そのため、受験後毎回、試験会場近くのカフェ等を利用して、出題された単語や、正解につながる重要語句、印象に残ったフレーズ等をメモしています。そうしたメモに、試験後に得たネット上の情報等を加味、精査し、エクセルシートにまとめているのが「TEXファイル」と名付けた手作りのデータベースです。毎試験後に「TEXファイル」を更新する作業は、これまで一度も欠かしたことはありません。
 TOEIC指導を本業にしている私でも、2時間の試験を真剣に受験すると疲れますが、一般の受験者にとってキーワードとなる単語、新たに出た単語を、毎回必死に記憶から絞り出し、「TEXファイル」として蓄積しています。
 本書の前身である『新TOEIC TEST 出る単特急 金のフレーズ(通称金フレ)』が40万部を突破するベストセラーになった一因は、この「TEXファイル」にあると思っています。多くの読者がそのスコアアップ効果を実感されたのでしょう。本書には、旧版で使用したデータベースをさらに進化させた「TEXファイル」を使用しています。
 執筆に当たっては、「TEXファイル」を参照しつつ、一つ一つの単語が実際の試験でどういう形で出題されたのかを確認しながら、できる限り読者の皆様のスコアアップにつながるよう工夫しました。腕利きの職人が作る家具ではありませんが、実際に『金フレ』を使っていただければ、「手作りの良さ」を実感していただけるはずです。
 本書は、8年間・計80回以上の受験で私が得たノウハウのすべてを凝縮した1冊です(校了直前に受験した公開テストの情報も盛り込みました)。旧版以上に、読者の皆様のスコアアップにつながることを著者として願っています。


コラムの最後にも書いたように、この本には、8年間・80回以上の受験で私が得たものをすべて出し切りました。もちろん、現行版の方がよかった、という読者もいらっしゃるでしょうし、現行版からカットした単語が公開テストで出題される可能性もあるでしょう。限りなくゼロに近づける努力はしましたが、思わぬ誤植が見つかるかもしれません。それらを考慮しても、著者としては本の出来に100%満足しています。現行版同様、読者の皆様のスコアアップにつながることを、著者として心から願っています。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif
金フレ改訂版進行状況
TOEIC_GoldPhrase_Rev_1000サンプル_CC2015_160928_トンボあり0001 TOEIC_GoldPhrase_Rev_基本単語200_20コ0001 TOEIC_GoldPhrase_Rev_定型表現120_25コ0001

金フレ改定版のページイメージ画像です。今の所、来年1月の発売へ向け、作業は予定通り進んでいます。とはいえ、切ったり、貼ったり、入れ替えたり、直したり、これからが正念場です。すべての読者に満足して頂くことは不可能ですが、少なくとも、著者である僕自身が満足できる一冊にします。そうでないと良い本はできませんからね。

参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif
金フレ最新情報
久しぶりの更新です。「金フレ」の改訂版は、来年1月発売予定です。今のところ作業は予定通り進んでいます。改定にあたり、この数か月間、以下の作業を行っています。

1. 日韓の公開テストで出題された単語の整理
毎回受験後に書き留めているメモを頼りに、「金フレ」が発売になった2012年3月以降、日本の公開テストで新たに出題された単語を整理しています。韓国で出題された単語は、試験後に、現地の講師や専門校のウェブサイト等で情報を収集し、最新の韓流ベストセラー本を購入して情報を補足しています。

2. 日韓の公式教材に出て来る単語の整理
日韓の公式教材に掲載されている単語を語彙分析ソフトにかけ、「TOEICに出る単語」を「出る順」に整理しています。来月には新しい公式問題集が出ますので、既発売の韓国の公式教材と内容が異なるようなら(その可能性は低いと思いますが)、これも追加データとして反映させます。

3. 国内外の基本語彙リストの確認
GSL, Oxford, Longman, VOAといった主要な基本語彙リストを確認し、ネイティブがどういう単語を重要視しているかの参考にしています。TOEICの公式教材での登場頻度は低くても、こうした語彙リストに掲載されている単語は掲載候補にします(今後出題される可能性があるため)。また、JACETやSVLといった国内の語彙リストを確認し、単語の難易度の参考にし、見出し語の並び順に反映させています。

4. 日韓の主要なTOEIC単語本の確認
TOEICを毎回受験して研究している著者の単語本(たとえば、最近出たばかりの「単語特急 新形式対応」)を参考にしています。自分では気づかなかった意外な発見もありますし、視野を広げるという意味でも大切な作業です。

5. 現行版の加筆・修正
見出し語やフレーズの差替え・修正や、単語の並び順の変更はもちろん、必要であれば、細部まで加筆、修正、削除といった作業を行っています。たとえば、liaison(連絡係)の解説中の「リア・ディゾン」はさすがに古いので修正が必要だな、とか、「TEXがうざすぎ」という指摘が複数あったので、一部のTEXをIやMr. Katoに変更して「TEX率」を下げるとか(すみません。しょうもない例で)。

6. コンテンツの追加
新形式になり、同義語問題が増加傾向にあるので(今度どうなるかはわかりませんが)、対策として、多義語を大幅に増やしています。また、「金フレ」以前のレベルの基本頻出単語を、ゼロ章として別枠で盛り込む予定です。読者の要望の多かった発音記号も、盛り込む方向で調整中です(「金フレ」の長所の一つである「見やすさ」を損なうことなく、今のフォーマットに発音記号を入れ込むのは、実はそれほど簡単な作業ではないんです)。

現時点で、1000の見出し語(数は変わりません)のうち、200語以上を変更し、100以上のフレーズを修正しました。単語の並び順もすべて見直し、解説も大幅に加筆修正しています。見出し語・フレーズ・解説とも、今と全く変わらない単語は3割程度になりそうです。単語の並び順も一新したので、まったく異なる単語集のように見えるかもしれません。

単語集の全面改定は、かなり気が遠くなる作業です。休日に作業に集中していると、あっという間に何時間も過ぎてしまいます。「でる1000」の時もそうでしたが、きっと作業が終わったらカラッポです。すべてを出し切って何も残らないでしょう。これから発売まで、まだまだ作業は続きますが、読者の皆様の期待を裏切らないよう、少なくとも、著者である私自身が納得のいく一冊に仕上げます。

原稿段階でのデータ画像です(今後変更になる可能性もあります)。赤字部分が修正箇所です。解説の「ママ」というのは専門用語で、「現状ママ(変更なし)」という意味です。

図1


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.