2017年9月公開テスト正解数換算表
皆さん、多数のご報告、ありがとうございます。4つのフォームの換算表ができました。自分がどのフォームだったかは、スコア表のリスニングの平均値(▲の数字)を以下のフォーム番号と照合してください。

リスニングの平均値(▲の数字)
フォーム1 62/64/79/66/52
フォーム2 61/68/76/61/48
フォーム3 61/68/77/62/49  
フォーム4 58/72/79/60/51

リスニングは、L1・2・3・4の合計の誤答数を100から引くと正解数になります。最初にご報告いただいた「yola」さんのAMを例にとるとこうなります。

【お名前】yola
【フォーム】2
【LAM】87 90 88 81 67

表から計算したL1-L4の誤答数:2+2+2+9=15 
リスニングの正解数:100-15= 85(L430)

なお、リーディングの正解数は、重複問題を特定することができないため、表から単純計算することはできません。

以下が正解数の換算表です。クリックすると拡大します。
図1
図2
図3
図4

PS:金フレの9刷から、多義語の見出し語の文字色を黒から赤に変更しました。赤シートを使って勉強しやすくなったと思います。10月22日(日)の公開テスト後、「900点特急」改訂版の発売記念イベントがあります。時間は17:30~19:00で、場所はヒロ前田さんが運営されている千歳烏山のT'z英語ラウンジです。参加費¥1000と格安です。ご興味のある方はこちらをご覧ください(定員があります)。

参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif
9月TOEIC公開テストAM報告用記事
本日から9月公開テストのスコアシートが届き始めるかと思います(私の所にはまだ届いていません)。いつものように、正解数の換算表を作りたく、スコアシートが届き次第、以下の記入例を参考に、コメント欄に数字をご報告いただけると助かります。特に、700・600・500点台の方のご報告があると、計算の助けになりますので、スコアに関わらず、どしどしご報告ください。
 
リスニングの平均値(▲の数字)
フォーム1 62/64/79/66/52
フォーム2 61/68/76/61/48
フォーム3 61/68/77/62/49  
フォーム4 58/72/79/60/51

<コメント例>
【お名前】国際花子
【スコア】L330 R270 T600
【フォーム】1    
【LAM】86 59 72 60 50 
【RAM】50 67 38 50 73 

なお、ご報告の際は、あらかじめ以下の事項をご確認ください。

(1)スコアと数字は念のため、送信前に再度ご確認ください。
(2)この分析は私個人が行っているもので、公式のものではありません。
(3)コメント欄にはご返事はしませんが、正解数換算表を後日UPさせていただきます。

ご協力よろしくお願いします。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif
9月TOEIC結果報告用記事
9月10日に行われたTOEIC公開テストの結果が、10/2(月)正午に公式HPで発表されます。是非、この記事のコメント欄に、以下のテンプレートを使って結果を報告し、次のテストに向けての弾みにしてください。

【お名前】
【スコア】 L R T
【過去最高点】
【感想】

記入例
【お名前】 国際花子
【スコア】 L320 R200 T520
【過去最高点】 450
【感想】500点越えました! 嬉しいです。 次は600点目指して頑張ります!

上記のようなコメントを書いた後、結果が期待通りだった方は喜びの気持ちを込めて、期待に達しなかった方はお祓いの意味と次のテストへの飛躍を誓って、「えいっ」と気合を入れながら、お賽銭代わりにページ下部のTOEIC神社のバナーをクリックしていただけるとご利益があるかもしれません。

PS:AERA English 2017 Autumn & Winterが発売になりました(OJiM監督が大活躍の号です)。TOEIC関連では、「英語教材完全ガイド」の2017年度版が今月末に出るそうです。9月23日放送の「王様のブランチ」のブックランキングで金フレが2位だったのですが、私は完全に放送のことを忘れていて、大リーグ中継を見ていました(田中マー君が満塁ホームランを打たれた)。なぜブックファースト自由が丘店で金フレが売れているのかは謎です。金の表紙の新書を小脇に抱えて自由が丘の街を歩くとおしゃれに見える、なんてことはないですよね。

↓TOEIC神社です。祈願成就の鐘を鳴らしてください。
新刊情報
特急シリーズで2冊、新刊が発売になりました。「900点特急」「Part3/4特急」の改訂版です。「でる1000」のKindle版も発売になりました。「金フレ」のKindle版の発売は未定です。スマホユーザーの方には、アプリが好評ですので、こちらをご活用いただければと思います。

この数か月、主に週末や夏休みを利用して執筆作業を続け、先日原稿を出版社に送りました。来月から年末にかけて校正作業に入り、来年初旬には店頭に並ぶ予定です。TOEIC300-500点台の方が対象の金フレのベーシック版ですので、このブログのほとんどの読者には不要ですね(すみません)。半分程度の単語が金フレと同じですが、すべて新フレーズなので、金フレの復習にはよいかもしれません。詳細が決まったら、またご報告します。

金フレの執筆に際し、私は、「見出し語より難しい単語を同じ例文やフレーズに入れない」「すべてのフレーズを7語以下にする」といったルールをいくつか決めました。たとえば、金フレの1番の見出し語はanywayで、例文はLet’s try anyway.(3語)、アルクの語彙レベル(SVL)では、anywayはレベル2、letとtryはレベル1です。読者への応援の気持ちもフレーズに込めました。

このフレーズが、もし、By preaching the merits of downsizing, they have provided bosses with arguments for measures that tough economic times have required anyway.(出典:Longman Dictionary of Contemporary English Online)という例文だったらどうでしょう。見出し語より難しい単語がいくつも入っていて、構文も複雑で、例文が長いですよね。単語本でこれが延々と続いたら、私ならきっと途中で投げ出してしまいます。

できるだけ読者が挫折しないよう、単語本の執筆に当たっては、エクセルでデータを管理し、「この単語は528の見出し語だから、451のフレーズに入れたらまずいな」「このフレーズだと8語だからだめだ」「この単語は332の見出し語だから、339のフレーズに入れたら復習になるな」などとつぶやきつつ、地道な作業を行っています。こういう作業は自分にしかできないので、見出し語の順番やフレーズを自分ですべて考えてまとめてから、ネイティブに校正をお願いしています。

こうした作業は表面には現れませんが、「わかりやすさ」や「覚えやすさ」、「進めやすさ」といった目に見えない形で読者に伝わり、結果として金フレのヒットにつながったのではないかと思います。これからも執筆の際は、小説家の村上春樹さんの言葉を借りれば、「読者への親切心」を大切にしたいですね。それがないと良い本が書けない気がするので。

参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif
9月TOEIC感想
本日のTOEIC公開テストを受験された皆様、お疲れ様でした。
私は都内の大学で受験し、リスニングが47分間のフォームでした。
以下、感想です。

Part1 普通(年配の方が仲良く携帯を見ている写真に時代を感じました)
Part2 難(難しかったですね。Cまで聞いて答えが一瞬わからず、あ、そっか、さっきのBが正解だ、と考え直した問題もありました。いきなりIfで始まる問いかけもあり、難易度が高かったと思います。このパートはとにかく、場面の想像力が必要です)
Part3 普通(Part2が難しかった分、易しく感じましたが、標準的な内容だったと思います)
Part4 やや易(易しめだったのではないでしょうか。先読みのリズムを崩さなければ解きやすい問題が多かったように感じました)
Part5 普通(品詞問題が多かったのが印象的です。標準レベルだったと思います)
Part6 やや易(文挿入も文脈問題も易しめだったと思います)
Part7 普通(序盤のSPが易しめで、DPの2つ目からやや難易度が上がりました。標準的な内容だったと思います)

試験前はやや疲れ気味だったのに、試験後はむしろリフレッシュした感じです。普通は逆になるはずですが。TOEIC公開テストの受験は、私にとっての健康法の一つなのかもしれません。などと書きつつ、試験後に調べたところ、Part5でどうも1ミスしたようです。まだまだ修行が足りませんね。ふぅ。

参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.